年パスのコスパがすごい!子連れはもちろん大人だけでも楽しめるアクアパーク品川

梅雨も明けて一気に暑くなりましたね。
普段はとりあえず公園の方も多いかと思いますが、夏場はお出かけ場所に悩みますよね。
涼しくてお子さまも楽しめる所で思いつくのが水族館ではないでしょうか。

水族館って都内周辺ですと親子3人でも入場料だけで5000円ぐらいしますよね。
コスパも考えるとちょっと敬遠されている方もいらっしゃるかと思います(私だけ?!)

水族館ってお高いし…と思っていたのですが、なんと都内の、しかも品川という交通の便もよい場所にあるマクセルアクアパーク品川のコスパが素晴らしすぎるのでご紹介いたします。

マクセルアクアパーク品川とは

品川駅の品川プリンスホテル内にある水族館です。
マクセル?と思われた方、そうです、”エプソン アクアパーク品川”や”エプソン 品川アクアスタジアム”から名称が変更になっています。

ちなみに「しながわ水族館」はアクアパーク品川とは別の施設ですのでご注意ください。
私は同じ施設だと思っていました(^^;

  • マクセルアクアパーク品川
    →今回ご紹介している、品川駅近くの水族館
    株式会社横浜八景島が運営されています
  • しながわ水族館
    →大森海岸(大森)駅近くの水族館
    株式会社サンシャインエンタプライズが運営されています

今回はマクセルアクアパーク品川のご紹介ですが、しながわ水族館もいいところですのでまた別の機会にご紹介したいと思います(^^♪

館内の構成

  • 1階が映像と水槽がコラボレーションする展示エリア
  • 2階はドルフィンパフォーマンスエリアと水槽展示エリア

となっています。

1階の映像コラボレーションエリアと2階のドルフィンパフォーマンスは期間ごと(約2か月ごと)にテーマを変えた展示とパフォーマンスが行われています。

↓はエントランス正面の展示の様子です。

1階にカフェバー、2階のドルフィンパフォーマンスエリアでドリンクと軽食が購入可能です。

また、アトラクションもあります。

エントランスからすぐ右手に海賊船が振り子のように動くアトラクションのポート・オブ・パイレーツとメリーゴーラウンドがあります。

こちらは入場料とは別に500円が必要です。

尚、身長や年齢制限、その他の制限事項がありますので詳しくは施設公式サイトにてご確認ください。

コストパフォーマンスがすごい?

さて、タイトルにも書きました「コスパ」なにがすごいのかというと、

なんと1.9回分の料金で年パスが買えてしまうのです。

また来るかどうか入ってみないとわからないし…という方もいらっしゃるかとは思いますが、個人的には明らかに1年以内に来ない理由がある方以外は年パスを買ってしまっても損はないと思います。

かくいう私も初回に年パスを買うか悩んだのですが、2回来れば元が取れるし、駅からも近いしと思い切って年パスを購入ました。

結果、休日に行くところがないときにはとりあえずアクアパーク品川、という感じで気軽に行ける場所になりました。

頻度としては子連れで1~2か月に1回以上は行っていますし、場所が品川駅なのでなんと仕事の打ち合わせなどの待ち時間にも利用しています。

子連れの方におすすめの理由

多くの水族館が郊外で駅からも離れたところが多く、バスや車での移動となるかと思います。

アクアパーク品川は品川駅が最寄りですので電車での移動が可能で、都内からはもちろん川崎・横浜方面からもアクセスしやすい場所にあります。

さらに、品川駅の高輪口から徒歩2分という最寄り駅から施設までのアクセスも良好ですので子どもを連れての移動も比較的楽にできます。

ちなみに、大人の足では徒歩2分なのですが、ウイング高輪を抜けたあたりから施設入口まで70mほどなだらかな坂道になっていますのでよちよち歩きのお子様をお連れの場合は駅から5分ぐらいかかるかもしれません。

坂道の傾斜についてはベビーカーでも子どもを乗せたまま押して上がれる程度ですのでご安心ください。

おすすめの年齢は

魚のことを認識できる2歳ぐらいからがおすすめです。

もちろん、0-1歳でも楽しめますが、エントランスからすぐのエリアが全体的に薄暗く、クラゲエリアなどはかなり暗いので時々怖がって大泣きしているお子さまも見かけます。

1階の暗いエリアを抜けてしまえば2階は比較的明るくなっていますので2階まで進んでしまえば怖がらずに過ごせるのではないでしょうか。

マクセル アクアパーク品川の基本情報

詳しくは、公式ホームページをご覧ください。

〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
TEL.03-5421-1111 <音声ガイダンス>
品川駅(高輪口)から徒歩約2分。